債務整理後の借入

代位弁済で支払い義務はなくなる?

保証会社が銀行や消費者金融に代位弁済をしたとしても、お金を借りた本人の支払い義務はなくなったわけではありません。借入れ先に返済することがなくなった代わりに立て替えてくれた保証会社にお金を返すことになるのです。
どうしても支払えない場合は任意整理や自己破産など債務整理の手続きが必要となりますが、社会的な信用を失ったり、一定期間は新たな借入れができないなど債務者にとって大きなデメリットとなります。
一見すると無担保・保証人なしで借りられるのはメリットだと思うかもしれません。しかし、高金利であるということは返済してもなかなか元金が減らないなど完済までに時間がかかり、返済負担が大きくなる可能性があるということです。
キャッシングやカードローンはお金が必要なときにすぐに借りられて便利ですが、本当に必要なときだけの利用にとどめておいたほうがよいでしょう。
無理のない範囲で利用するようにしましょう。

自分には金使いが悪い人

知り合いの大学生に自分には金使いが悪い人がいます。

 

車が好きなのでパーツを購入するのですがいざ車に付けた。と思って次の日には外しているのです。

 

なぜ外したのか聞いてみると付けてみたら自分が思ってたのと違ったからとのこと。

 

そのパーツは箱にしまうこともなく家の倉庫にポイッと置いてあるそうで、まだ大学生で、仕事はもちろん、アルバイトもしていなくて、日頃からお金が無い。と言っているわりにはそういうことが結構ある人で、それを自分だけで済ませていれば問題ないのですが、ご飯に行ったときに誘っておいてお金無いからおごって。と言ってくるので困ります。

 

パーツもそんなに安くないものなのでもうちょっと考えて購入してほしいですね。